視力回復WEB TOP → 目に優しい食べ物 ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリーが、目に良いというのは有名だと思います。ブルーベリーに含まれている、色素アントシアニンという成分は、抗酸化物質として知られる、ポリフェノールの1種です。ブルーベリーに含まれている紫色の色素がこれにあたります。

ブルーベリーが、目に良いとして注目されたのは、一昔前の第二次世界大戦中であったと言われています。当時のイギリス空軍に、ブルーベリージャムが大好物なパイロットいて、パンを食べる際には、パンと同じぐらいのブルーベリージャムを塗って、食べていました。そのパイロットが、夕暮れ時や明け方の飛行から帰ってきた際に、「暗い中でも物をはっきりと見ることができる」と証言したことに興味をもった学者が、長い年月をかけてブルーベリーについて研究しました。

そして、ブルーベリーに豊富に含まれている天然色素成分のアントシアニンが、眼精疲労を軽減させる効果や夜盲症患者の視力を改善させる効果を持っていることを発見しました。現在では、さまざまな国でアントシアニンが医療用医薬品として使用されています。

ブルーベリーの中で最もアントシアニンを多く含むのが、ビルベリーと言われている野生種になります。1日で120グラム以上のアントシアニンを摂取すると眼精疲労などに良いと言われていますが、ビルベリーにはアントシアニンが、100グラムあたりで350ミリグラムも含まれていますので、少し食べるだけでも目に効果があるということです。しかしアントシアニンの効果は、24時間しか持続しないと言われていますので、効果を持続させるためには、摂取し続ける必要がありますので、そのあたりには注意しましょう。

目に優しい食べ物

ポラキス
ポラキスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!