視力回復WEB TOP → 視力低下が起こる理由 コンタクトレンズによる眼障害

コンタクトレンズによる眼障害

最近は、メガネやコンタクトレンズを使用している方がとても多く存在し、その視力が低下した方の多くは、低下した視力は元には戻らないと考えているものと思われます。ですから、視力が悪くなると、すぐにメガネやコンタクトに頼ってしまうのだと思われます。

しかし、少し視力が低下したぐらいで、すぐにメガネやコンタクトレンズに、頼ることはおすすめしません。というのも、視力回復の可能性というのは、メガネなどの視力矯正器具に頼った期間が、長ければ長いほど、低くなると言われているからです。

視力も身体の筋肉と同じです。例えば、筋肉は使用されなければ、筋力が低下して、劣っていってしまいます。これと同じで、目というのも、目の中の水晶体の厚みを調節する毛様体筋や眼球を動かす筋肉が、働くから物を見ることができるのです。メガネやコンタクトを使用すると、その目の筋肉が働かなくなってしまって、視力がさらに落ちることになります。ですから、視力が少し低下しても本当に必要な時以外は、メガネやコンタクトを使用しないようにしましょう。

実際にメガネをかけてから目が悪くなったという人はいますが、良くなったという人はほとんどいないのではないでしょうか。ですから、どうしても、矯正器具が必要だという場合は、度の弱いものを用いるようにしましょう。そして、何より、目が持っている自然治癒が働く環境をつくることが大切になります。

視力低下が起こる理由

http://www.dr-m.co.jp/


間違いだらけの日本の英語教育オンラインでネットの英会話教室を活用しよう
オンライン英会話を活用したい