視力回復WEB TOP → 視力低下が起こる理由 視力低下の原因

視力低下の原因

視力というのはどうして低下するのでしょうか?これは、眼球内の水晶体とその周りの毛様体と呼ばれる筋肉の収縮がうまくいかなくなり、ピントがずれ、網膜に、焦点の合わない外界の像が写しだされるために起きます。つまりは、ピントを合わせる働きをする筋肉がうまく作用しなくなるので、ピントがずれ、結果、視力が低下してしまうということです。他にもさまざまな原因が考えられますが、主なメカニズムはこれだと思われます。

そして、現代では、パソコンやテレビゲームなどが、これと大きく関わっていると言われています。このパソコンやテレビなどは、長時間画面を見つめる必要があり、ピント合わせる筋肉が必要以上に緊張し続け、うまく作用しなくなりますので、それがもとで、視力の低下が起こると言われています。最近は小さい子供でも視力が悪い子がとても多いようですが、その原因も、やはりテレビゲームやテレビ、パソコンにあるのではないでしょうか。

また、テレビや本を見る時やパソコンをする際の姿勢にも問題があります。寝転びながらテレビを見たり、肘をついたりした姿勢で本を読んだりしていると、見ているものとの距離が、右目と左目で差が出るようになります。そうすると左右の目で視力の差があらわれるようになります。片方だけ目が悪くなると、その目をかばうようになりますので、ますます視力が低下するという悪循環が生まれるようです。

視力が低下する原因には、以上のようなことがあります。つまりは、私たちの生活には、視力低下のリスクが背中合わせになっているわけです。ですので、なるべく目が悪くなるような生活習慣などには、注意を払うようにしましょう。

視力低下が起こる理由

三軒茶屋の歯科
世田谷区三軒茶屋や若林の歯医者『コイズミデンタルオフィス』

マイスリー
マイスリーなら医療関係者向けの製品情報サイトで!