視力回復WEB TOP → 視力矯正手術の種類 ラセック

ラセック

ラセックはアルコールに浸して柔らかくした角膜上皮を剥がして、薄いフラップを作ってエキシマレーザーを照射し、視力を回復する屈折矯正手術の術式の一つです。マイクロケラトームを使用するレーシックに対してフラップをさらに薄く作ることにより、レーシックの適応範囲や矯正度数の限界を安全、確実にした手術ができます。

角膜の強度を保つため、エキシマレーザーでの屈折矯正手術はフラップの作成後にある程度の角膜の厚みを残す必要があり、ラセックはこのフラップを薄く作成するので角膜の厚みを十分に残すことができます。そのため角膜が原因で通常のレーシックを受けることが難しい方でも、強度の近視の方でも手術を受けることが出来る可能性があります。

ラセックは作成されたフラップ自体が最終的に消失します。そのため頑強に強い衝撃を受けてもフラップがずれることはありません。

眼球に強い衝撃を受けやすい、格闘技などの激しいスポーツをする方でも手術を受けられるというメリットもあります。しかし個人差もありますが、通常のレーシックとは違いやや痛みがひどくなります。

アルコールを使用して角膜の上皮をめくるので、視力が回復するのにある程度の時間が必要となります。そのため一度めくった角膜の上皮が元の状態に再生するまでは、やや痛みが出ることになります。

また状皮が元の状態になるまでは、保護用のコンタクトを使用して我慢する必要があります。

視力矯正手術の種類

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!