視力回復WEB TOP → 視力矯正手術の種類 ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックはこれまでは不可能だった細かな高次収差をウェーブフロントアナライザーという高精度の検査機器で解析し、矯正するレーシックです。手術によって球面収差やコマ収差をほとんど0に近づけるため、網膜に結ばれる像の精度が非常に高くなり、手術をしない正常眼よりもよく見えるようにすることが可能です。

しかしウェーブフロントレーシックでは再生能力の低い角膜実層を薄くするので、角膜が薄い方はこの手術を受けることが出来ません。また、思っていたほど視力が回復しないという場合もあります。

裸眼の視力が回復した場合でもコンタクトなどを併用した際に矯正視力が下がることもあるので、医師とよく相談するようにしてください。デメリットを紹介しましたが、もちろんメリットも沢山あります。

ウェーブフロントレーシックをすることによって、収差や不正乱視を矯正すること出来ます。通常のレーシックよりもさらに視界のボケやにじみが改善され、同じ視力でもよりくっきりと見えるなど、見え方が一層綺麗になります。

夜間など瞳孔の大きさが変化することによって起こるぎらつきやにじみも少なくなります。つまり同じ視力であっても、手術をしていない正常な眼よりもくっきりとクリアな見え方になるのです。

ただウェーブフロントレーシックは特殊な機器が必要な手術で手間もかかるので、一般のレーシックの費用と比べるとさらに値段が高くなります。

視力矯正手術の種類

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/