視力回復WEB TOP → 視力矯正手術の種類 エピレーシック

エピレーシック

エピレーシックは角膜の一番外側の層にある角膜上皮をエピケラトームという新しい機械によって安全に剥離し、フラップと呼ばれる蓋を作成します。これによりフラップ作成後の残りの角膜を多く残すことができて、従来は角膜の厚みが足りなくてレーシックを諦めていた方でも視力回復の可能性が広がりました。

フラップを作成した後にめくってエキシマレーザーを照射し、角膜のカーブを変えて近視、乱視、遠視を矯正するという点は通常のレーシックと同じ方法です。通常のレーシックに比べて薄いフラップを作成することができるため、角膜の厚みが足りなかった人でも手術の可能性が広まりました。

ですが、エピレーシックにもリスクはあります。エピレーシックの1番の問題点は術後の痛みです。

通常のレーシックだと殆ど痛みもなく視力が回復するまでの時間も短いですが、エピレーシックだとフラップははがれ落ちて、角膜上に皮膚が完全に再生するまでに時間がかかります。皮膚が再生するまでの間痛みを伴うことになるのです。

ひどい時は光の眩しさで目を空けることが出来なくなってしまう時などもありますが、エピレーシックはフラップ自体が消失するので術後に視力が回復すれば、眼球に強い衝撃を受けてもフラップがずれるという心配がありません。そのため格闘技など、激しい運動をする方にはお勧めの手術方法と言えます。

また強度の近視の方でも受けることの出来る手術です。

視力矯正手術の種類

遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!