視力回復WEB TOP → 視力矯正手術の種類 医療費控除

医療費控除

レーシックでも医療費控除が可能な場合もありますので、税務署に問い合わせてみるようにしましょう。医療費控除というのは、本人または扶養している家族が支払った医療費が年間で10万円を超える場合に行えて、レーシックだけでなく歯医者や眼科などでも同様の制度です。

手術を受けた病院やクリニックで領収書を発行してもらって添付し、確定申告を行うことにより税金の還付が受けられる場合があるのです。医療費控除の対象となる期間は毎年1月1日〜12月31日までの1年間でレーシックだけでなく、歯の治療や病気などで支払った医療費に合計することができます。

そのため病院でもらった領収書などは大切に保管するようにしましょう。また生命保険の医療給付などを受けられる場合があります。

これは加入している生命保険会社や契約内容によっては手術給付金として給付が受けられるもので、保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。保険の内容によっても異なってきますが、3万円〜10万円の手術給付金が支給されることが多いようです。

レーシックは健康保険が効かないため高額なものとなります。そのためこの医療費控除を利用して負担を少しでも軽くするようにしましょう。

ですが、レーシックの場合だと全てが医療費として認められないこともあります。仕事をするにあたってメガネやコンタクトを付けていると困る人(例えばスポーツ選手など)や、強度の近視で日常生活にも支障がある人の場合などは、レーシックの手術代を医療費と認めてもらえることが多いです。

視力矯正手術の種類