視力回復WEB TOP → 視力矯正手術の種類 手術前はコンタクトを中止

手術前はコンタクトを中止

目の状態は日々変わるので、手術前の検査を受けたら手術までなるべく日は空けないようにしましょう。また以下の点をきちんと守るようにしてください。

コンタクトレンズを使用すると角膜の形状が一時的に変化します。そのため手術を正しく行うために角膜を自然の状態に戻す必要がありますので、手術前にはコンタクトを使用中止しないといけません。

通常ソフトレンズは手術の1週間前から、ハードレンズは3週間前から使用を止める必要があります。手術前はメガネで過ごすことを心がけてください。

これは手術のリスクを減らすことが目的ですので、医師から言われた通りに必ず守りましょう。また病院によってはコンタクトレンズ制限が難しいという方のために、検査当日朝からコンタクトレンズの使用を中止する場合でも適応検査も承っている場合があります。

その場合、手術を受ける前に改めて制限をした上で検査が必要になって、視力回復手術を受けることが可能か否かについてその時に決定します。風邪などをひいて体調が万全でない場合は手術が延期になることもあるので、体調は整えておくようにしましょう。

また前日にきちんと入浴して体を清潔にしておく必要があります。女性はメイクをすると思いますが、メイクも目の周りのトラブルに繋がる可能性があるので、手術前は控えるようにしてください。

薬の服用などもよくない場合があるので、これ以外でも医師から言われた注意点は必ず守るようにしましょう。

視力矯正手術の種類