視力回復WEB TOP → 視力矯正手術の種類 イントラレーシック

イントラレーシック

イントラレーシックは通常のレーシックよりもさらに精度が高い治療を可能にした手術です。イントラレーシックはレーシックよりも11年遅く開発されました。

治療の流れはレーシックと同じで機械式のマイクロケラトームを使って角膜フラップといわれるものを作り、その下の角膜実質にエキシマレーザーを照射する方法になりますが、イントラレーシックの場合は赤外線フェムトレカンドレーザーマイクロケラトームというものを使って、より正確に角膜フラップを作成し、その下の角膜実質にエキシマレーザーを照射して治療を行う方法です。

これによって今まで治療が困難だった薄い角膜や強い近視の場合でも、安全に治療することが出来るようになりました。なおフラップの厚さも均等にすることが可能です。

術後に光がまぶしく見えたりするドライアイなどが通常のレーシックよりも少なくなります。また、術後に視力が安定するまでの時間も通常のレーシックよりも早いと言われています。

手術を受けた翌日には視力が安定しているという方も多いです。手術を受けた翌日から視力が安定する方も少なくありません。

乱視の方でもこのイントラレーシックであれば視力を矯正することが出来ると言われています。このように多くのメリットがありますが、イントラレーシックにもフラップによる合併症などのリスクがあります。

デメリットもあるので、両方を十分に理解した上でイントラレーシックを行うかどうかを決める必要があります。

視力矯正手術の種類

ヘキストラスチノン
ヘキストラスチノンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!