視力回復WEB TOP → 視力矯正手術の種類 視力矯正手術

視力矯正手術

視力矯正手術はレーシックという手術がとても有名で、皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。実はレーシックには様々な種類があります。

まずは最近話題のイントラレーシック。これはレーシックを応用したものですが、レーシックよりもさらに進んだ別のレーザー照射により高精度の手術を行うことができます。

そのため角膜に傷をつけず、安全で正確な技術であるといえるでしょう。この手術はパイロットなど職業で制限されている人も受けることができます。

ただデメリットとして歴史が浅く、症例がまだ少ないのでリスク面での研究が不十分です。がん化しないか、特殊な合併症がないか、今後の研究が期待される事項もあります。

またこれとは別にアイレーシックという種類もあります。これは患者の目の症状に合わせ、個体差にもとづいたレーザーで治療をするというものです。

視力回復だけでなく、見え方の質も向上できる手術であると言われています。角膜が薄い人のためにエピレーシックというものもあります。

エピレーシックはほんの少しだけ角膜を削るだけで、視力を回復させることが出来ます。角膜が薄い人以外では、強度の近視の人にも向いている手術になります。

こちらは再生が早く、手術後の見え方の回復も早いということが特徴です。エピレーシックと同じような手術方法にラセックという種類もあります。

手術方法はエピレーシックと殆ど同じになりますが、どちらもまだ新しい技術なので、手術出来るクリニックというのは限られています。

視力矯正手術の種類

プレラン
プレランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!