視力回復WEB TOP → レーシックで有名な病院 錦糸眼科

錦糸眼科

錦糸眼科は日本で初めてイントラレーシックを行った眼科です。錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてレーシックを実施した認定施設でもあるのです。

治療暦は15年ととても長く、3万9千件を超える症例は国内最多になります。国内だけでなく海外でも評判がよく、国際的な上昇暦もある矢作院長が執刀しています。

現在錦糸眼科の全ての分院にINTRALASE FS60とTechnolas217Z100という設備を導入して高水準の治療を行っています。また錦糸眼科ならではの問題解決方法、処置方法があります。

屈折矯正における経験あるいは技量がもし浅い医師だった場合は、問題が生じたときの対処が不十分になる可能性があります。そのため医師の経験が浅いか技量が定かでない場合は、経験の長い医師が所属する眼科を選ぶことが必要なのです。

錦糸眼科は医療機関として販売促進を行いません。医院維持のための料金は頂戴いたしますが、販売促進を目的としたキャンペーンなどは行う必要がないのです。

近視矯正手術は必ず必要な手術ではありませんので、医療機関の立場からは手術を受けることを強制せずに、屈折矯正という新しい分野の手術があることや手術の内容などを詳しくご案内して理解を深めもらい、希望する患者様のみに手術をしています。そのため錦糸眼科では患者の希望を伺いながら、初診検査の結果を元に医師が症状に合った術式を提案してくれるでしょう。

近視矯正手術は近視の重さや眼の状態などによって異なってきます。錦糸眼科は医療機関の使命としてレーシックのメリットだけでなく、デメリットもきちんと伝えてくれてレーシック手術を勧めるようなことはしません。

施術する方、される方もお互いに理解しようという姿勢があるのです。

レーシックで有名な病院

事務服 ベスト
事務服のベストなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

http://www.cocosab.com/結婚式 招待状