視力回復WEB TOP → 視力回復手術の疑問 視力回復手術に失敗は?!

視力回復手術に失敗は?!

視力回復手術を行う前は、痛くはないか、失明する危険はないのか、ということなどが気になると思いますが、専門医ではない医者にかかったり、適切な手術が行われなかった場合を除いては、視力回復手術で痛みを感じたりすることはありませんし、失明の危険性は、ほとんどないようです。つまりは、100%とは言えませんが、安全性は高い手術と言えます。

しかし、いくら、安全性が高いと言っても、やはり手術をする以上、リスクはあります。そのリスクには、まず副作用として、光が異常にまぶしく見えるグレア現象や光の輪がみえてしまうハロー現象、ドライアイなどが起こる可能性があります。

次に、手術の失敗として、視力が思いのほか上がらなかったり、術後は視力が上がったが、少ししたら元に戻ってしまった、ドライアイの症状が重くなったということがあるようです。

その他には、レーシック手術をする機器が古いがために起こるトラブルであったり、医師の技術不足で角膜が傷つくという報告などもあるようです。

このように、視力回復手術には、いろいろなリスクはあります。しかし、視力を回復させる手段としては、とても効果的なもので、安全性が高いというのも事実です。つまりはメリットとデメリットがあるわけです。ですから、もし、視力回復手術を受けようかどうか迷っている方がいましたら、このメリットとデメリットを良く考えて、そして医者の説明を良く聞いて、また情報をもっと集めて、選択することが大切だと思います。

視力回復手術の疑問

フルダラ
フルダラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!