視力回復WEB TOP → 手術に関する注意点 レーシックに向いていない人

レーシックに向いていない人

レーシックの手術を受けられない人は円錐角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことのある人、緑内障、白内障、ぶどう膜炎、術後の角膜創傷治癒過程に問題のある疾患、角膜疾患を起こす恐れのある薬剤の服用中の人などが該当します。

目に関する症例以外だと傷の治りが遅い方や糖尿病の方なども角膜の再生が遅くなるため、手術を受けることができません。また長年のコンタクトレンズの使用によって角膜の細胞が減少したり、薄くなっている場合も手術ができない場合もあります。

しかしこれらの問題は軽度である場合は手術を受けることが出来る可能性もあるので自分で判断せず、病院できちんと検査を受けるようにしましょう。

また妊娠中・授乳中の場合も手術は受けられません。これは術後に使う目薬が胎児や乳幼児にどのような影響を与えるのか、まだ分かっていないためです。

さらに近視が進む可能性のある未成年者も受けることができません。これは視力が安定しておらず、手術後も近視が進んでしまう可能性があるからです。

未成年の場合でも、何かの資格のために視力が良くなければならない場合などは例外で施術が出来る場合もあります。その際は保護者の承諾書が必要になります。

その逆で、レーシックを受けることが出来る上限は白内障年齢までとなります。白内障の場合はまず白内障の手術を受ける必要があります。

重度のドライアイなどの眼の疾患がある場合でも手術によるリスクが多くなるので、手術を受けることが出来ません。

手術に関する注意点