視力回復WEB TOP → 視力回復について 目の基本構造

目の基本構造

目の構造をご存知でしょうか。普段はそんなに気にもしないことだと思いますが、視力回復トレーニング始めようかと思っている方は目について勉強しておくと役立つこともあるかと思います。

目の構造はカメラの機能とよく似ていると言われています。目は2つあることで物体を立体的に見ることが出来るようになるので、厳密にいえばカメラとは異なるものですが、カメラと比較するととても分かりやすくなります。

我々が何かを見るということは目に入った光が水晶体で屈折して、網膜の上で焦点がぴったりと合うことにより見えるようになっています。目で重要なのは毛様体筋の動きです。

毛様体筋の動きが悪いと水晶体はきちんと動かせられず、網膜上ではない網膜の前で焦点が合ってしまい、ピントがボケた状態で物が見えます。つまりカメラのピンボケの状態と同じです。

目というのは眼球の黒目の部分に光が角膜を通貨して前房を経て、瞳孔→水晶体→硝子体へと進み、網膜に到着します。そして網膜に結ばれた像というのは脳に伝えられます。

最終的にはその脳で映像として理解されるようになっています。目は生活の中でとても大事な役割を果たしていることがよく分かります。

目の基本を大体理解していただけたでしょうか。このことを少し頭に入れておけば、視力回復トレーニングをする際に何か感じることが出来ると思います。

目が悪くても生きてはいけますが、やはり良く見えた方が良いですので。

視力回復について

カーテン インテリア
モンルーペジャパン