視力回復WEB TOP → 視力回復について 近視と遠視

近視と遠視

近視には代表的な2つの種類があります。1つ目は屈折性近視。これは水晶体の屈折力が強すぎて、網膜の手前で焦点があってしまう症状のことを言います。網膜の手前で焦点が合ってしまう状態が長く続いてしまうと毛様体が強くなりすぎ、緊張が解けなく固まった状態になって、屈折性近視になるのです。

2つ目は軸性近視。これは光の全屈折力は正常ですが、眼軸の長さが長いので遠くの物を見て水晶体が薄くなっても眼に入った光が網膜で焦点が結べないで、網膜の手前で焦点が合ってしまう症状です。

視力が低下するということは眼軸の長さが長くなって、焦点が合わない状態が進んでしまった事である場合が多いようです。近視になる原因は遺伝や暗いところでテレビなどを見たなど様々言われていますが、その他にも食生活や外傷などからも視力低下すると考えられています。

ですが、本当の原因というのははっきりとは分かっていません。確かに分かっているのは「遺伝」と「姿勢の悪さ」の2つになります。

続いて遠視についても代表的な2種類をご紹介しましょう。まずは屈折性遠視。

これは眼軸の長さは大体正常な範囲内ですが、角膜や水晶体などの屈折力がそれに比較して弱いために起こる状態のことを屈折性遠視と言います。そして軸性遠視。

これは角膜や水晶体などの屈折力は正常の範囲内ですが、眼軸が短かすぎる為に網膜の後ろでピントが合ってしまう状態のことを軸性遠視と言います。遠視の殆どはこの軸性遠視であると言われています。

遠視は遠くの物はよく見えると思われていますが、本来は遠くも近くもぼやけてしまうピントの合わない目のことを言います。

視力回復について

ペット火葬 昭島 立川 あきる野
について